日本ルーラルナーシング学会第17回学術集会開催ご挨拶




    日本ルーラルナーシング学会第17回学術集会
    学術集会長 河口 朝子(長崎県立大学看護栄養学部教授)


 このたび、2022年9月17日(土)〜18日(日)「日本ルーラルナーシング学会第17回学術集会」を長崎県立大学シーボルト校にて開催する予定で準備を行っておりました。しかし新型コロナウイルス感染症の状況を鑑みて、オンラインにて開催する運びに変更致しました。3年振りに懐かしい皆様方と長崎の地にてお会いすることを楽しみにしておりましたが誠に残念です。今回、学術集会長という大役を務めさせていただきますのも、会員・関係者の皆様のご支援の賜物と心より感謝申し上げます。

 へき地・島嶼地区では、医療提供環境の脆弱化、高齢化の進展により地域ケアが課題になっています。しかし、その一方で住民は、心豊かな生活や地域住民同士のつながりを元来大切にして暮し、文化を継承しています。本学術集会のテーマを「へき地の人々の暮らしをつなぐ地域包括ケア」と致しました。学術集会のキーワードは「つなぐ」です。ひとがひとをつなぐ、ICTのツールを用いてひとびとをつなぐ、場(本土と島嶼・へき地)をつなぐなどを考える機会にしたいと思っております。人々が住み慣れた地域で心豊かな暮らしを営む上では、人と人とのつながり・交流が重要なことは言うまでもありません。これまでのルーラルナーシングの活動は、地理的条件の制約等により隔絶や分断された環境下の人々の暮らしを共に考え、支えてきました。その英知が感染症による人々の交流の分断による健康課題の解決に活用され得ると考えています。

 今回は、医療提供環境の脆弱化をサポートする取り組みとして、長崎の地域医療連携システムの成功モデルで全国的にも有名な「あじさいネット」を活用し多職職種の連携を図り人々の豊かな暮らしを支える地域医療を紹介し、今後の対策を共に学び、考える機会にしたいと思います。また、元来住民が築き上げてきた住民同士の関係性の強みを生かした互助活動や看護・保健・医療活動の実際や課題を討議できればと思います。そこで基調講演では、松本武浩先生に「ICTの活用で変わる地域医療連携と離島・へき地医療〜長崎県@あじさいネットの価値と将来展望〜」をテーマにご講演頂きます。また、教育講演では、大湾明美先生に、「島に学ぶ地域ケア」。シンポジウムでは、「島嶼県長崎発!地域医療における「つなぐ」の実際と提言」と題し、医師・看護師・薬剤師・工学博士の立場から長崎での活動を全国に発信します。指定交流集会では、「島嶼における看護人材育成」を行政・学部教育・大学院教育・継続教育の立場からの発言を企画しております。また、日頃の研究成果を交流集会・一般口演にて多数の会員の皆様にご発表いただきたく存じます。

 本学術集会が多様な人々とのつながりの場となり、お互いの取り組みの実際や考え、気づきを共有し、へき地・島嶼地区で暮す方々への暮らしが豊かになるための活動へのヒントが得られますことを願い、多くの看護職・医療・行政職の皆様方にご参加いただきますよう、長崎の地からご案内申し上げます。



       




日本ルーラルナーシング学会
第17回学術集会事務局

〒851-2195
長崎県西彼杵郡長与町まなび野1−1−1
長崎県立大学看護栄養学部看護学科内

TEL:095-813-5187
E-mail:
jsrural17@sun.ac.jp